ecサイトにおけるユーザーの絞り方!そのポイントとは?

優先順位を価格競争でユーザーを絞りこまない

ユーザーの中には、同じ商品でも価格の安い商品を求めてecサイトを探している事もありますよね。ecサイトの知名度を広げるために赤字覚悟で販売しても、その様なユーザーは常に安いecサイトを探すため、リピータとして定着してもらう可能性が低くなりますよ。複数の商品を買ってもらう事をポイントと押さえ、多くの種類の商品を扱う事が大切です。少々値段が高くても、複数商品を買う場合はここのecサイトでしか購入できないと思ってもらう事によって、競合となるecサイトと差別化をする事だって可能になります。

ユーザーは誰のために利用する

ユーザーの中には、自分自身で利用するためにecサイトを利用する方もいれば、他の方へプレゼント目的で利用する方もいますよね。自分自身で利用する場合は、包装などあまり意識を持ち合わせる事がありませんが、他の方へプレゼントする場合は包装も重要に考える方もいますよ。一般的なecサイトでは、包装の内容を目で確認できない事が一般的ですよね。ネット上で運営するecサイトは、包装の内容も写真で紹介する事も可能であり、ユーザーが選べるサービスを設ける事がポイントです。この様なサービスは、他のecサイトと差別化を行う事が可能にもなり、プレゼントを他の方へ贈る場合は、ここのecサイトの利用を行う事として選択してくれる可能性を高める事が出来ますよ。

ユーザーが求めている内容は、ユーザーに訪ねよう

ecサイトの中には、利用をされた方へアンケート調査を行う場合がありますよね。その多くは、どの様な経路でecサイトに訪れたかと言う問いや、ecサイトにおける満足度調査などになります。この様なアンケート調査も重要ですが、ユーザーが欲しいと思う内容も尋ねる事が出来ますよね。例えば、クッキーを販売されているecサイトであれば、マンゴーのクリーム入りのクッキーが食べたいと言うアンケート結果を得る事が出来るかもしれません。つまり、新しい商品開発などのアイデアなどもユーザーのアンケート調査からヒントを得る事ができますよ。採用された場合、商品を無償でプレゼント行えば、そのユーザーはリピータとして長くecサイトの利用を行ってもらう可能性だって高める事が出来ますよ。

自社製品販売のためのecサイト構築は、ユーザーがお目当ての商品を見つけやすいように、レイアウトの工夫と検索機能の強化が不可欠です。