新入社員研修会って本当に重要なのだろうか?

新入社員研修会の意味合いは?

新入社員研修会は、実は企業にとっても本人にとっても非常に重要な意味があります。本人にとっては、学生気分を抜くために重要であるし、会社の自分への姿勢が伝わってきます。企業にとっては、これから社会に出るための基本マナーなどの指導も含め、会社の姿勢を見せるためのいい場でもあります。お互いにとって見せ合うことによって新入社員にとっては会社の姿勢がわかりモチベーションUPにつながっていくという重要な役割があります。

研修内容は、アメと鞭?

まだまだ、学生気分が抜けきっていない新入社員には、いきなりハードな研修内容を行ってしまうとモチベーションが下がり、研修自体が嫌になり、早期の対処気につながっていく可能性が考えられます。最初は、ソフトに優しくほめることを中心に、一般的なマナーなどの指導も含め行っていくのがベストです。そして後半には、仲間との慣れから出てくる緊張感のゆるみなどを引き締めるために、ハードな研修内容を行うことをお勧めします。

研修会での仲間意識とは?

研修会の仲間は、いわゆる同期になります。たとえ、職場、所属が違っても同機には変わりません。年数が経てばいいライバルであったり、よき理解者であったりします。研修会を行うことによってこの仲間意識が通常より強くなり、今後の会社の運営に大きく影響してくることは間違いありません。研修を行わないとこの仲間意識が弱くなり、会社の運営にも支障が出てくる可能性もあります。研修を行うことは、会社側にも、社員側にも大きなメリットがあります。

社員研修とは社員が働く上でスキルアップをはかる為に企業側が行う研修です。社員同士のコミュニケーションをとる機会でもあります。