正常な稼働のためには!ネットワーク監視で出来ること

ネットワークは365日稼働している

企業のサービスにとって、ネットワークは不可欠な要素です。ネットワークが正常に稼働していることによって、顧客は365日いつでもどこでもその企業のサービスを受けることができるようになっています。しかし、ネットワークも一種の生き物のようなものであり、放っておくと異常を発したり、誤作動を起こしたりすることがあります。現代では、ネットワーク上のちょっとした不具合でも、企業活動に甚大な損害をもたらすことがあります。そのため、たえず監視をして、正常に稼働しているかどうかをチェックする機能が必要になってくるのです。

死活監視という監視方法

ネットワーク監視で最も一般的な監視方法が、死活監視というものです。死活監視というのは、簡単に言えばネットワークがしっかりと動いているかどうかを絶えずチェックするということであり、ネットワーク監視の基本中の基本です。もちろん、ただ監視しているだけでなく、もしコンピュータやシステムに障害があるということが分かったら、管理者にすぐに連絡が入るようなシステムになっています。死活監視によって、もしサーバーがダウンするような事態になっても、その後の対応を迅速に進めることができるようになるのです。

異常を未然に防ぐことも

ネットワーク監視では、そもそも未然に異常を防ぐということを至上命題としています。ネットワークに異常が見つかってしまえば、それだけでも企業活動に大きな支障が出てしまうこともあります。ネットワーク監視では、まずそうした支障が出ないように、異常を誘発するような危険因子を発見した段階で、管理者に連絡をするなどの対応をしてくれます。こういったネットワーク監視のことをリソース監視と言い、システムダウンに至らないように、サーバーの負荷状況などを鑑みて、負荷を分配するなどの施策を講じるものです。

ネットワーク監視業務はネット社会に来るたびに年々増え続けています。あらゆる件に進出していますので、これからもどんどん増える事でしょう。