初心者でも失敗しない!1台目のパソコンの選び方

初心者が陥りがちな失敗とは?

初めてパソコンを購入した時には、誰もが疑問や不安を多かれ少なかれ抱いたのではないでしょうか?そのためよく調べて購入したが、それでも実際にパソコンを使い始めてみると、様々な理由で不満を抱く人も少なくないようです。そのため最初の1台目を購入するにあたっては、初心者が陥りがちな失敗について知っておくと良いでしょう。よくある失敗例としては、必要なスペックやソフトが足りずに追加でパーツやソフトを購入したり、バッテリーや重さといったモバイル性能で不満を抱いたりといったケースが聞かれます。

サイズやタイプはまず最初に決める

初めてパソコンを購入する場合にまず最初に決めたいのが、サイズやデスクトップかノートかのタイプを選ぶことです。例えば仕事で多用するなら、バッグなどにも入りやすい小型のノートパソコンがお勧めです。大画面でゲームなどを自宅で楽しみたいならば、デスクトップタイプの拡張がしやすいタワー型ケースを持つパソコンを選ぶのが良いでしょう。またデスクトップタイプのパソコンは後から拡張がしやすいので、とりあえずパソコンが欲しい、と考えているならデスクトップパソコンを選ぶのも良いですよ。

スペックやメーカーを決める

自分の欲しいタイプのパソコンやサイズが決まったなら、今度はスペックとメーカーについて決めます。パソコンを買って何をやりたいかによって必要なスペックは変わってきます。例えばゲームを楽しむならグラフィック機能が高いと快適に遊べるので、性能の高いビデオカードが搭載されている機種が最適でしょう。メーカーに関してはパソコンのスペック構成や価格の傾向がそれぞれ違ってくるので注意が必要です。国内のメーカーはバンドルソフトの充実やサポートが手厚いといった傾向があります。海外メーカーは価格が比較的安い傾向があるので、予算や好みなどとも相談して、1台目のパソコンを選びましょう。

パソコンはパーソナルコンピューターの略称で、現在ではほぼすべての家庭で1台は保有しているという普及状況となっています。