大注目のビットコイン、その仕組ってどうなてるの?

ネット環境があればOK!

近頃名前をよく聞くようになった「ビットコイン」ですが、その仕組について知っているでしょうか?ビットコインは所謂「仮想通貨」と呼ばれるもので、ネット上での決済に最適なお金です。ドルや円からビットコインへ換金して使用することが出来ます。BTCという単位で呼ばれ、価値は毎日変動しています。取引はP2Pというパソコン同士を繋ぐ技術により行うので、簡単にそしてスムーズに出来ますし手数料も安価で済むのです。また、取引履歴は永久に保存されて且つ公開されます。透明性がすごいですね。

ビットコインって誰が調整しているの?

所謂お金の量を調整している中央政府のような存在がないのがビットコインです。不安を感じるかもしれませんが、勿論調整は入っています。最終的なビットコインの総量が既に決まっていて、年々流通量を徐々に増加させていくという仕組みをとっているのです。なので市場に大量のビットコインが急に出まわるといった事は起こらないのです。これなら市場が崩壊するような事はなさそうですね。しかし、調整されているのは流通量のみで、その価値については取引している方々へ委ねられていますので完璧な調整とは言い切れないかもしれませんね。

取引はしないけど稼ぎたい!

ビットコインは自分で発掘することも出来ます。ビットコインで取引をした人たちには「承認」という確認作業が待っています。この作業はその取引が本当の取引なのか、偽のビットコインを用いていないかなどの確認作業で、確認が取れ次第承認となり相手へビットコインが送られるのです。この承認作業は大変で、参加してくれた人へ労働の対価としてビットコインが支給されるのです。これを「発掘」と呼びビットコインを導入している方々がこぞって行っています。ビットコインの仕組みを保つためにも欠かせない大事な作業です。

ビットコインの流通管理を行う国家・事業主体はありません。金融機関を通しての決済ではないことから、手数料・諸経費は発生しません。